ねずみ講にひっかかり大手企業を退職

ねずみ講に勧誘されてから私が新卒で入社した大手企業を退職するまでを綴ったブログとなります。 私と同じように勧誘される機会があれば、当ブログを参考に して頂ければと思います。

街コンで出会ったマルチ商法(ねずみ講)の女に報復してきた話。

 

どうも。

マルチ商法(ねずみ講)特化ブログとして運営をしていますが
最近、どうもネタ切れ状態です。

 

そんなこともあって更新不足が続いています。
言い訳を許してください。笑


今回はネタ切れ状態でもあるので
この記事はさすがに読者の方にあまり公開したくないなという
記事を書いてみました。

 

それは

 

街コンで出会ったマルチ商法の女に報復してきた話です。

 


普段は穏やかと言われる僕です。
自分用に買ってきたプリンを冷蔵庫に入れ

家族に食べられることがあっても怒ることなんてありませんでした。


そんな、僕にも怒りが抑えれずに報復をするほどの事件が起こったのです。

 

殺人、殺傷なんてことはしてないです。

もちろん、可愛らしいいたずらレベルの報復です。

 

それではどうぞ!

 

 


怒りの根源となる事件は街コンで発生

僕は友人と真剣に出会いを求め
2人で東京駅の街コンに参加しました。

 

この時はちょうど、クリスマス前の時期でもあり
このままクリぼっちは嫌だと思い
真剣に出会いを求め参加することにしました。


街コンのルールとしては
男女それぞれ向かい合い着席し
時計回りに10分ごとに各テーブを移動し
各テーブルの女性と話をするというものです。


そして最後にマッチング制度というものがありました。

 

マッチング制度とは。

お互いに良いなとおもった異性の名前を1人投票用紙に記入し
お互いの名前がマッチングしていれば発表されるというものです。

 

 

このマッチング制度というのかなり街コンでは重要なのです。

 

マッチング制度を制する者は街コンを制する

と言われている程です。笑

 

しかし、その反面、マッチング制度の扱い方を間違えれば

その街コンでは負け試合に終わります。

 

もし誰かと上手くマッチングすれば

皆の前でその組み合わせを発表されてしまうのです。

つまり、マッチングした女性以外にも

自分が気になっている女性をばらされてしまうのです。

 

 

例えばAさんとマッチングしたにも関わらず

実はBさん、Cさんも気になる場合があります。

しかし、Aさんとマッチングしたと発表されるので

その後、Bさん、Cさんにアプローチをしにくくなります。

もちろんアプローチをすることはできますが

あなたAさんとマッチングしてたんだし、

Bさん、Cさんからすると私たちは2番目、3番前の女なんでしょと

思われてしまうのです。

 

 

だからこそ、マッチングを目指す場合は

他の気になっている娘を捨てる覚悟で挑まないといけないのです。。。

 

 

その日の街コンでは
僕は無事マッチングをすることができました!!!!

 


しかし、

 

 

 

その女性がなんとマルチ商法だったのです。白目

 

 


どうしてマルチ商法と発覚したのか。

 

街コン終了後、後日
一緒に街コンに参加した友人から連絡がありました。

僕とマッチングした女性からお茶でもいこうと誘いがあったらしいです。

 


どんだけやりまんなんだ。。

 

それともこいつ僕とのマッチングがそんなに不服なのか。。。。。

と内心ショックを隠せませんでした。


しかし

後日その友人にお茶の報告の詳細を聞くと

その女にマルチ商法の勧誘をされたそうです。。。。(笑)

 


僕はこの時腹がたって、発狂したいぐらいでした。


なぜなら貴重なマッチング機能を
僕はマルチ商法の女で浪費をしてしまったからです。

 

もしかしたら、他の女性とマッチングして
ワンナイトでもしていたかもしれない。。(夢のまた夢の話)

 

 

そんな僕の夢ははかなく打ち砕かれ
許せませんでした。

 

 


しかし、既にマッチングした女性と飲みに行くという約束はしていたので
参加することにしました。


しかし、ただ飲みに行くだけでは
怒りがおさまりません。


僕はあることを決意していました。


そうです、報復です。

 


どうやって報復したのか。

それは簡単です。
こちらはデートと思い約束をしたにも関わらず
マルチ商法の勧誘をされるということがわかっていたのです。

 

通常のデートであれば男性側はデートの食事代は全て、または多めに支払いますよね?

 

しかし、今回はデートでなくマルチ商法の勧誘をされる場なのです。

 

勧誘の為にわざわざ貴重な時間を割くわけですし
僕が食事代を払う必要なんてないですよね。

 

そもそも街コンのマッチングも無駄にされているわけですし。。。


そうです。


僕はひたすら食べ飲み放題のコースでないにも関わらず

たんまり、飲み食いして
それを全て彼女に支払いをさせてきました!!!!

 


当日、女性と居酒屋にいきました。

とりあえず、この日は最初っからハイペースで飲み続けていました。
食べ物もできるだけ高いお肉を中心に攻める。

 

飲めば飲むほど、お酒がすすみ
ボトルを数本あける。

 

うんめえええええええ


女性は何か話しかけてるけど取り合えず
飲み食いを優先しひたすらうなずく。。

 

 

そして時間が過ぎると


「君って今の仕事に満足しているの?夢って何」と一言。


きた~~~~

マルチ商法の勧誘の枕詞いただきました!!!


話の詳細を聞くとやはりマルチ商法の勧誘でした。

 

僕は先日、その女性が僕の友人に対しマルチ商法に勧誘したことを知っており
今回の飲み会もそれが目的と知っていると打ち明かしました。


そして、真剣に女性と出会いを求めているにも関わらず
出会いを無駄にされたので腹が立っているという旨も伝えました。

 

そして、不満をぶつけ続けました。

そして無事、、、、

今回の飲み代は全て払って頂くといくことで納得して頂きました。

 

 

ごちそうさまでした!!!

 

 

 

ちなみに街コン内でマルチ商法の勧誘は禁止されています。

勧誘目的であれば参加することをやめましょう。

調子乗ってルールを破ると

僕みたいに報復する奴もいるので気を付けましょう。


僕は今回の行いは報復でもあり、

二度と同じような被害が起きないように

教育をしたと考えています。

 

勧誘するのはいいですが、場をわきまえましょうね。