ねずみ講にひっかかり大手企業を退職

ねずみ講に勧誘されてから私が新卒で入社した大手企業を退職するまでを綴ったブログとなります。 私と同じように勧誘される機会があれば、当ブログを参考に して頂ければと思います。

婚活宣言!!!有言実行するために2つの決まりを守ります。


どうも、最近ねずみ講ネタのブログをかきたいのですが
ねずみ講と関わる機会がなくネタ切れ状態です。。

 

そんなネタがないのなら潜入捜査でもしてこいよ!
って話ですが一度ひどい目にあっているので
そこは勘弁してください。

 

ネットワークビジネスのような搾取されるようなビジネスをしている奴を
みると虫唾がはしるぐらいなのです。

 

そんな僕ですが、このブログを更新していると自分が体験した内容を
アウトプットする楽しさを感じるようになりました。

 

ただ、ねずみ講限定で更新しようとするとネタがない。

 

そこで、今回からかわいい娘ちゃんと結ばれることを目標とする
婚活ネタを更新していきます!

 

 

現在の非モテ状況


僕は現在28歳の四捨五入すると30歳のまあまあいい年齢なんですよね。

今までは街コン、合コンに参加していい感じになった娘がいても

けっ!!!おれは本気だせばもっとかわいい娘ちゃんと付き合えるんだぜ!

と付き合うまでには至りませんでした。

 

気づけば3年間彼女がいない状態。

 

一緒に街コン、合コンに参加していた友達も
気づけば彼女ができて脱退していく。

 

脱退していく奴らはここで妥協をしたんだ。

 

もっと活動をすれば、さらにかわいい娘ちゃんと付き合えるかもしれないのに。
妥協するなんで情けない奴と嘲笑っていました。

 

自分は妥協せずに活動さえすれば
かわいい娘ちゃんと付き合えるんだ。

 

そんなことを信じ続け、街コン、合コンに参加するも
気づけば参加してその場だけを楽しむようになり
目標すら見失っている状態。

 

次第に周りからもあいつが活動をしているのに彼女ができないのは
あいつが異常にモテない!またはホモだからだ!と思われ始める。


これじゃ男版のタラレバじゃないか。
さすがにまずいぞ!と思い始め婚活をすることにしました。


そんな、3年間彼女がいない僕が
いままで通りに活動しても彼女ができるわけなんてないんですよね。

 

だからこそ、今後取り組む上での決まり事を守ることを宣言します。

 

 

婚活宣言実行の為の目標は2つ

 

 

①1週間に1回、種まきとして新しい女性と出会いのある場に参加する。

まず、女性と出会う回数を増やさないと付き合う可能性すらできない。
街コン、合コン、相席屋!!!
とにかく出会いのある場へ行く!!


②1週間に1回、女性とデートをする。
種まきした後にさらに女性と関係性を深めるにはデートが必須ですよね。
めんどくさがりな僕なので、種まきの場で連絡先を交換しても
連絡を途絶えさせてしまうことがほとんど。
これじゃ、せっかくまいた種がもったいないですよね。
まいた種が育つようにしっかりと水をあげて育てるために
デートをしてきます。

 

 

この2つを上手く実行することで

複数人の女性とやり取りをすることができるので

非モテで自分い自身のない状態から脱出したいと思います。

 

まずは種まきだ!!!!

 


それでは、この誓いの言葉を守り
活動していきます!!!!

モデーア(マルチ商法)に勧誘された時のキーワード10コ大公開!!

 

みなさん、マルチ商法に初めて勧誘される場合
本当にマルチ商法なのか見極めるのってかなり難しいですよね。

 

本当に友達になりたいだけなのか、それとも起業をしている個人事業主の集団なのか。。。


僕も最終的には見抜くことができましたが
なかなか見抜くことができず、半年ほど交流をだらだら続けてしまいました。


今回は実際にモデーアに勧誘された経験から
そのマルチ商法を見抜くキーワード10個を挙げていきます。

 

このキーワードに当てはまることがあれば
あなたは勧誘されています。


1.メンバー間であだ名で呼び合う

彼らはお互いがマルチ商法の勧誘をする際に
自分の本名が外部に漏れないように
メンバー間ではあだ名で呼び合っています。

そのマルチ商法の勧誘をしているリーダークラスの人の本名を
ネットで検索すれば悪い噂しかでてこないです。

そういったネットでのばれを防ぐために
対策をとっているのです。

 

2.いきなりセミナーに誘われる

このセミナーに関してはいきなりマルチ商法の商品に関する説明会であったり
まったく関係のないコミュニケーション上達セミナー等
様々なケースがあります。

 

ここで商品の紹介がなかったので安心するのは
まだ早いですよ。

そこで他のメンバーと会わし交友をもたすことで

徐々に勧誘されていきます。


3.セミナーの参加者の笑いが胡散臭い

このセミナーに共通するのが参加者がとにかく明るいということです。
たいしておもしろいことも言ってないのに
全員でわはははははと大声で笑います。

たいして面白くないのに笑っていれば
洗脳されたマルチ商法のメンバーでしょう。

 


4.会わせたい人がいると誘われる

いきなり尊敬できる方に会わしたいと言われたら

間違いなくマルチ商法です。

しかも特にどういった人物と会うのか詳細を

教えてもらうことすらできませんでした。

事前に合う人の本名を聞いたうえでネットで検索してやりましょう。

尊敬できる人=マルチ商法のリーダー格なので
だいたいネットで検索すれば何かしら情報がでてくるでしょう。

 

5.高級マンション

会わせたい人(マルチ商法のリーダー格)が高級マンションに住んでおり
その自宅を見せびらかせられます。

そして、そのリーダ格の方もあなと同じようにサラリーマンから

夢を実現したという話をされます。

高級マンションに住みたいのであれば

その手だすけをすると勧誘をされます。

 

 

6.叶えたい夢100個を聞かれる 

高級マンションだけでなく他にも今まで実現できないと思っていた夢を
一度思い出してみようと言われます。

目の前に実現できそうなおいしそうな話を想像させ
その夢を手に入れるにはマルチ商法をするしかないという勧誘をされます。

具体的に夢を実現させる方法はこの段階では教えてもらえません。


7.『金持ち父さん 貧乏父さん』を薦められる

夢をかなえる為には今の考えでは到達できないから
まずこの本を読んで考えを改めてきましょうとおススメされます。

 

8.一緒に夢や希望が語れる仲間が欲しいかと聞かれる

1人で目標を達成するには孤独で根気がいるが
まわりに尊敬できる人がいれば
モチベーションも維持でき実現できると誘われます。

 


9.勧誘された友人の付き合いが浅い

勧誘された友人は昔からの付き合いですか?
疎遠になっていていきなり連絡がきたり
または交流会等で出会ったどこかの馬の骨でしょう。

たいして仲良くもない友達の方が

マルチ商法は勧誘しやすいです。

 


10.たいした関係でもないのに会いたがる

交流会などで出会ったばかりなのに
やたらとさしで短時間で会おうとしてきたら
あやしいです。

また、数回会っているうちに

苦労体験やその苦労を乗り越えて今の生活があるという話をしています。

そんな話どうでもいいから家で1人情熱大陸しとけ。

 

 

 

こんなとこですかね。。。。

 

みなさんもこれに当てはまる項目が多ければ多いほど
マルチ商法に勧誘されれいる可能性が高いので気をつけてくださいね。。。

 

大阪でマルチ商法(モデーア)に勧誘されているか疑わしい人必見。見破り方2点教えます!!

 


こんにちは!
騙されただけではただでは起き上がらないたまちゃんです。

 

今までは東京を中心にマルチ商法の勧誘について紹介してきましたが
今回は大阪編を紹介します!

 


東京と大阪の勧誘ってそんなに違うの?

 

基本は同じです。

僕が勧誘されたモデーアのグループは

大阪にも拠点をもっていたので

東京から大阪に数日出張して勧誘している人もましたよ。

東京、大阪の両方の拠点で活動している人は

マルチ商法の勧誘をする中でも

ベテランの方が多いです。

 


しかし、東京と大阪でも1つだけことなる点があります。

 

マルチ商法(モデーア)の大阪と東京の違いとは?

 

それは、ずばり活動拠点です。

東京と大阪の別々の場所だから、
そんな当たり前のこというなよ。。。って思いましたよね?

 

すいません。


しかし、この活動拠点を把握しておくことで

自分がマルチ商法の勧誘をされているかを見破ることができるので

重要なポイントになるのです。

 

以前、僕が東京で勧誘された時は
品川を中心に活動をしていましたよね。

 

さらに、モデーアのグループに弟子入りをした際
師匠に環境を整える為にこんな条件を約束させられました。

 

・活動拠点(品川)から2駅以内に住むこと

 

表の意味は師匠が住んでいる活動拠点から近いとこに住むことで
すぐに集まって仕事ができるからいいよねっと言っていました。

 

 

 

うそつけええ。。

 

 

 

裏の意味はマルチ商法に加入して逃げようと思っても家まで引っ越ししたら
逃げれないよ。袋のねずみだね。

というマルチ商法を脱退させにくくするための口実なんですよね。


詳細はこの記事を確認してください。

no-more-victim.hatenablog.com

 


それでは大阪の場合ってどこが活動拠点になるの?

 

それは、大阪駅周辺が活動拠点になります。

マルチ商法の加入者は大阪駅から2駅ルールを満たすために
住んでいることが多いです。

 

大阪駅から2駅以内のマルチ商法加入者が住んでいる場所ってどこ?

 

それは『福島駅』に住んでいることが多いです。

 

福島とは

大阪駅から1駅でJR大阪駅、梅田駅から一駅先の「福島」。
梅田からも徒歩10分ほどの距離にあり、アクセスも抜群な場所です。

 

 

かなり便利ですよね。

そうです。彼らが活動するにはうってつけの場所なんです。


なんで僕がこんな情報まで知っているのか?

それは僕がたまたま大阪に出張の時に
師匠の自宅にお邪魔することがありその時に
大阪のモデーア加入者と交流する機会があったからです。

 

その大阪に出張の際、ばっちりと
居酒屋セミナーにも参加しちゃってます。

居酒屋セミナーとは

主に講演内容は居酒屋でのコミュニケーションが
楽しくなる様なネタを講演。
コミュニケーション能力を向上させ
人生を豊かにすることを目標としているようです。

 

 

no-more-victim.hatenablog.com

 

人生を楽しくしようということを名目にしたセミナーなので
自分がマルチ商法に勧誘されているとは気づきにくいです。



そのセミナーの場所も大阪駅と福島駅の間あたりにある
TKPガーデンシティ大阪梅田で開催していました。

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-osaka-umeda/

 

そうです、やはり大阪福島となりますよね。

大阪に住んでいるみなさん、
もし、自分がマルチ商法に勧誘されているか疑いをもっているなら
この2点を確認してください。

 

1.勧誘者が福島近辺に住んでいる
2.セミナーがTKPガーデンシティ大阪梅田で開催

 

この2点にあてはまれば
あなたはマルチ商法(モデーア)に勧誘されています。
おめでとうございます!!!


それではご安全に!!!

実際に自力でモデーアを脱退した僕が教えるマルチ商法脱退の方法2選!!!

マルチ商法に加入したものの脱退したいけど、できない。。。。

と悩んでいる人って多いと思います。

 

僕自身、脱退するのにはかなり罪悪感がありました。

 

それは師匠(メンター)や僕を勧誘してくれた人、
その他複数のメンバーと仲良くなりすぎていたからです。


スポーツ会、飲み会、お花見、多くのイベントに参加していたので
同じグループの方に仲間意識が芽生えていたからこそ
脱退するのに後ろめたさを感じました。

 


今までこんなに良くしてもらったのに申し訳ない。。。。

 


彼らはこういったメンタル面から拘束することで
マルチ商法の脱退をさせないようにしているのです。

 


この仲間意識から感じる罪悪感こそが脱退する上での
最大の難関でした。


それでは脱退するための方法2つを紹介します。


1.脱退するならとことん自己中になれ!

 

脱退するのに仲間に申し訳ないから脱退に踏み切れないって
そんな周りの人間に合わせた人生でいいんでしょうか。

 

まずは、仲間なんてかたちだけと思うことです。

 

仲間、仲間って言って皆で成功しよう!って目標をつのは素晴らしいですが
結局あなたを勧誘したわけは、あなたがマルチ商法のメンバーになれば
その分、まわりに収益が発生するからですよ。

 

いわゆる仲間というのはかたちだけで利用されていたと思いましょう。

 


もし自分がマルチ商法をして
周りの友達や家族に報告できますか?

その仕事に誇りをもてますか?

自分に子供ができたら
マルチ商法で稼いでると言えますか?

 

答えはNOですよね。



そう自問自答し
脱退する決意を固め、かたちだけの仲間意識から感じる

罪悪感なんて無視して自己中心的に脱退しましょう。


自分の望んでいる人生なんて
自己中心的に生きないと実現できないですよ。

 

それではどうやって脱退するのか。
2つめの方法ですね。

 

2.脱退宣言後、一切連絡をとるな。

僕の場合、起業家集団でなく自分がモデーアに勧誘されていると発覚した時は
すぐに、グループを脱退すると宣言しました!

 

しかし、全力で引き止めがかかるのです。

これが非常にめんどくさい。

 

とりあえず、3カ月だけでも残って考えてみようと言われたり

他のメンバーからも飲み会の誘いがあり
全力で引き止められました。


この引き止めが、脱退することの罪悪感に拍車をかけ
脱退するかを考え直してしまうのです。


だからこそ、連絡をとらないことが一番です。

 

僕は会えば引き止められて脱退する意思を貫く自信がありませんでした。

だからこそ、連絡を一切取りませんでした。

電話も無視、LINEも無視。

 

しかし、毎日電話が何回もかかってっくるし、LINEも何通もくる。


LINEに関してはメンバー全員をブロックしました。

 

しかし、電話はメンバーの数が多すぎ全てを
着信拒否をすることができなかったのです。


そこで思いついたのは機内モードです。

 

機内モードとは通信機能をすべてオフにするモードです。

 

しかし、機内モードにしていても、実はWi-Fiをオンにすることで
インターネット接続をすることができます。

 

僕は機内モード+モバイルルータでインターネット接続をしていました。


これで電話を遮断することができますが、
インターネット接続はできるので他の友達と

LINEのやりとりをすることはできるのです。

 


僕はこれを2週間程することで
いっさい連絡をとらず、無事脱退することができました!!!

 

 

今までお世話になったのにそこまでしなくてもいいんじゃないの!?


うるせええええ!!!!

 

そんなん言っているから脱退できないんでしょ。

自分の望む人生を生きたいならとことん自己中心的に生きないと
脱退なんてむりですよ。


無事、自分の望んでいる人生を過ごせるといいですね。

 

自己啓発、マルチ商法、詐欺!?あやしいセミナーに参加する際の身を守る対策2選

みなさん、新しく出会った友人や旧友に

あやしいセミナーに誘われた経験ってありませんか?

 

僕は一度マルチ商法に勧誘されたのがトラウマになって
今では、参加していません。

 

しかし、それ以前は
怖いもの知らず+好奇心旺盛ということもあり
暇さえあれば参加していました。


でもやっぱりこわいですよね。。。。


いざ、セミナーに参加してみたら

壺を購入をするまで監禁されないだろうか。。。。

怖いお兄さんにおどされないだろうか。。。。。

 

そんな不安もありつつ

好奇心がそそらされる。

 

結局、参加する程度なら大丈夫かと思い参加してみる。

 

しかし、僕はそんなあやしいセミナーに参加する際
自分の身を守る為に2つ実践していたことがあります。


1.クレジットカードを持っていかない。

セミナーに参加し、商品の紹介があれば、
必ずセミナーの参加者に購入するように周りの人間は誘導してきます。

今日買えば、通常の半額という美味しい言葉であったり、

さくらを並べてみんなが買うので断りにくい空気をつくったり


あらゆる手段で購入を促してきます!


欲しくなくても流されそうになりますよね。


でもね、クレジットカードがなければ
購入できないですよね。


クレジットカード忘れたしまた、今度ね~

といって逃げましょう。


2.印鑑を持っていかない。

これもクレジットカードと同じですね。

僕が誘われたマルチ商法のセミナーの場合、

事前に印鑑を準備するよう告げられていました。

その意図はセミナーの情報の守秘義務を約束する契約書に

印鑑が必要と聞いていました。

しかし、当日参加すると嘘っぱちでした。(笑)

 

実際は、商品のメンバー会員の契約をする為の印鑑だったのです。

 

もちろん、僕は契約する気なんて、そもそもなかったので

帰りましたが。


しかし、こういったセミナーに参加する人は

流されやすい人が多いです。

だからこそ、印鑑をもっていなければ

万が一流されても大丈夫ですよね。

 

 

持たないということを意識して自分の身を守ってください。

 

都心ではマルチが蔓延しているが、地方ではマルチ商法が少ない理由を3つ考えてみた。

 

昨日、タロリンさんから

こんなコメントを頂きました。

 

報復お疲れ様でしたw東京は特に勧誘が多いのですかね?
色々検索かけると都内での勧誘ばかり見つかります。
私も都内で街コンに参加した時にマルチの女にひっかかりましたw

 

 

街コンで出会ったマルチ商法(ねずみ講)の女に報復してきた話。 - ねずみ講にひっかかり大手企業を退職

 

 

そう言われてみると確かに、地元の九州に住んでいた時より
東京の都心部の方が勧誘される機会があきらかに増えたなということに気づきました。


地方でのマルチ商法の勧誘はなぜ少ないのか。
その理由は3つあります。


1.不労所得が成立しにくい

マルチ商法というビジネスは将来的な加入者が見込める場所でないと成立しません。
地方の田舎でマルチ商法を勧誘するにも
そもそもの人口が少ないので、勧誘をしたくても将来的な加入者がいない状態です。

 

つまり、将来的な加入者がいなければ彼らの大好きな不労所得的が
成立しないのです。

 


不労所得的を成立させるには?

 

複数人を継続的にマルチ商法に加入させ
また、一定額以上の商品購入を継続して行わなければなりません。
その複数人の消費が勧誘側の手数料として利益となり不労所得が実現するのです。

 

 

しかし、都心部でもこの不労所得を実現し
安定した生活ができるほどの報酬を得られる者はごくわずかです。

 

実際にぼくが加入していたグループも3年ほど長期加入している
数人のメンバーだけでした。

 

都心部でもレッドオーシャン状態ですが
地方であれば、そもそも将来的な加入者となる母数が少ないので
不労所得が成立しにくいのです。

 

2.精神的に浪費していなので精神論の勧誘が響かない。

マルチ商法の勧誘の際、直接的にマルチ商法をしようと勧誘するのでなく
『起業』や『夢を実現しよう』『会社でなく自分の為に働こう』
と精神論を語り間接的な勧誘をすることが多いです。

 

都心のサラリーマンは精神的に不満を抱えている人が多いので
この言葉が刺さる人にはぐさりと突き刺さります。

 

しかし、地方で働いている方は
都心部と比較すると都心のサラリーマン程、
精神的に不満を抱えている人が少ないのです。

 

どちらかというと、ゆったりのびのびと人生を送られている方が
多いですよね。


3.勧誘する際に加入後の夢を持つイメージを抱かせにくい

 

都心部であれば、勧誘する際にメンター(師匠)と呼ばれる
マルチ商法のグループリーダーの高級マンションで勧誘をしますよね。

この高級マンションを見せることで、自分でも成功できるんだ!!
と夢を持つイメージを抱かせることができるのです。

 

僕が高級マンションで勧誘された時の記事です。

高級マンションに招待されて浮かれるな!観誘の手口にはまってませんか? - ねずみ講にひっかかり大手企業を退職

 

しかし、地方であればそもそもの高級マンションすら少ない地域もありますよね。

広大な田んぼを見せて、夢を持てとでも説得しているのでしょうか?(笑)

 

つまり、彼らの勧誘三奥義、『不労所得』『精神論』『高級マンション』
が全て封じられるのです。


もちろん、地方でも大阪、名古屋、九州あたりは潜んでいますよ。

東京を中心に出張ベースで地方で勧誘している人もいるので
注意してくださいね。

マルチ商法に1度勧誘されたからこそ学べたマルチ商法を絶対回避し安全な友達づくりをする方法。

僕は九州出身ということもあり上京したての頃は

友達が数人しかいない状態でした。。。

 

その数人の友達も僕と同じように地元から上京してきた友達です。

 

しかし、仕事が忙しくなるにつれて
お互いの休日が合わず、遊ぶ友達すらいない状態に陥ってしまいました。


だからこそ、友達を作る為に行動しました。

 


僕は、友達づくりの為に
複数のイベントに参加するようになしました。


フットサル、異業種交流会、友人を作る会(お茶会)等。

 

今の時代であればネットで検索すれば

いろんなイベントがでてきます。


しかし、僕はお茶会というイベントに参加しマルチ商法の勧誘に遭遇し
新卒で入社した大手企業すら退職するまでに至ってしまいました。

 

詳細はこちら。

no-more-victim.hatenablog.com

 

 

僕は一度、こういった友達をつくる為に活動したにも関わらず
会社を退職するまでの状態に陥ってしまったので
東京で友達を作る為に活動することがトラウマとなり

閉鎖的になってしまいました。

続きを読む